WiMAXの魅力はどんなところ?

無線・モバイルルーターといえばWi−Fiが主流ですが、今新しく注目されているのがWiMAXです。

Wi−Fiといえば、スマートフォンやゲーム機をインターネットに繋ぐのでも有名な無線LANの代表ですね。Wireless Fidelity(ワイヤレス・ファイデリティー)の略称で、広く互換性がある無線LANに対して付けられる名称です。据え置きの無線LANや、モバイルルーターの殆どにWi−Fiが用いられています。

デザリングというものもありますが、これはスマートフォンを経由してネットに繋ぐシステムで、主にWi−Fiが用いられています。同じ無線形式だとBluetoothデザリングもありますが、いずれもスマートフォンを経由してノートパソコンなどのネットを繋げる仕組みになっています。

それらに対して、最近注目を集めているのがWiMAXです。Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)の略称で、今主流となっているWi−Fiの無線LANよりも高性能になった、無線通信技術の新しい規格です。

小型のモバイルルーターとして普及が始まりましたが、据え置きの無線LANとしても申し分のない働きで、Wi−Fiよりも使い勝手がいいとして注目されています。

では、WiMAXの魅力はどのようなところにあるのでしょうか?

 

WiMAXは通信速度が早く、シンプルな通信システムで使いやすい!

 

WiMAXの魅力

 

Wi−Fiを利用してインターネットに繋ぐ場合、あらかじめ設置してある据え置きの有線LANにWi−Fiの無線LANルーターを繋げて、そこから電波を飛ばします。電波の届く範囲であればどこでもネットに繋ぐ事が出来るシステムです。

つまり、Wi−Fiは無線LANルーターまでの通信をするだけで、ネット自体は光ファイバーやADSLなどの回線を利用して通信するということですね。

マクドナルドやスターバックスなどでよく見かける公衆無線LANは、店内にネット環境があり、Wi−Fiの無線LANルーターから外部から自由にアクセスできる電波を飛ばしています。これを利用すれば、外でもWi−Fiでネットを繋いで楽しむことができます。

通信速度は、契約しているネット回線の質に依存します。

 

一方、外に持ち歩くことの出来るモバイルルーター式のWi−Fiは、携帯会社から提供されているサービスの一つです。使う回線は携帯と同じ3Gで、契約した携帯会社が提供している電波のある範囲なら、どこでもネットに繋ぐ事ができます。

ただ、携帯会社との契約が必要であったり、3G回線を使用するため通常のWi−Fiより通信速度が遅く、帯域制限があるところにデメリットがあります。

スマートフォンを経由してネットに繋ぐデザリングも、使用される回線は3Gになります。電池の消耗が早く、通信速度も遅いため、快適にインターネットを使用したいと考える方にはあまりオススメできません。こちらはあくまで、持ち歩くアイテムを少なくするためのものだと考えた方が良さそうです。

 

対してWiMAXを利用してインターネットに繋ぐ場合は、Wi−Fiのように据え置きの有線LANを必要としません。WiMAXルーターという独立した無線LANルーターで提供され、独自の回線を持ちます。
Wi−Fiの場合は、据え置きの無線LANルーターなら別途プロバイダーとの契約が必要ですし、モバイルルーターなら携帯会社との契約が必要になります。

しかしWiMAXはそういった複雑な契約を必要とせず、一つのプロバイダーとの契約のみで自由に繋げられるシンプルな通信システムです。今まで無線LANの仕組みがよくわからなかったという方も、初めて無線LANをはじめるという方にもわかりやすく使いやすいのがWiMAXの魅力です。

主にモバイルルーターとして提供されるWiMAXですが、今まで契約していた光ファイバーやADSLの代わりに自宅のネット回線をWiMAXにする事も出来ます。モバイルルーターといっても、Wi−Fiのように3G回線は使用しません。データ通信専用の回線を使用するため、速度が速く、帯域の規制もないのがメリットになります。

もちろん無線LANですので、WiMAXひとつで自宅のパソコン、ゲーム機、スマートフォンやタブレットの全てを使用することが出来ます。

 

WiMAXは価格が安い!

 

Wi−Fiの無線を利用する場合、別途プロバイダーや携帯会社との契約が必要になります。プロバイダーや携帯会社によって料金はピンキリですが、平均して一月5,000円はかかってしまいますよね。

自宅で使う無線LANと、持ち歩くためのモバイルルーターの両方を使用したい場合は、約10,000円ほどの料金がかかってしまう事になります。デザリングの場合は、契約している携帯会社によって料金が変わります。無料〜525円ほど。

安くていいなと思われるかもしれませんが、パケットし放題に加入していないと別途通話料がかかります。パケットし放題は5,000円〜6,000円ほどかかります。

それに比べてWiMAXは、プロバイダーにより差はありますが、一月約3,000円〜4,500円程度で使用する事が出来ます。

WiMAX専用のプロバイダーと契約するだけですので、自宅用・モバイルルーター用で別々に料金を支払う…なんて必要がありません。

デスクトップパソコン用の「クレードルセット」には有線LANを接続出来る端子も備えられていますので、「ネット料金見直しのためにWiMAXに替えたいけど、有線LANでしか接続できない…」という方にも対応しています。

Wi−Fiやデザリングと比べると、WiMAXは価格が安く、使いやすいところが大きなメリットになります。特に引っ越しの際などは、あらかじめ契約しているプロバイダーに連絡をして、もう一度インターネット回線の工事をして貰わないといけないですよね。

混み合っている時期などは工事の予約が取れず、仕事に支障が出てしまったなんて方もいると思います。WiMAXなら、引っ越しの際も工事は必要ありません。そうした細かい手間がかからない所もWiMAXの魅力のひとつだと言えます。

この機会に、現在のネット環境を見直してみるのもいいと思いますよ。

WiMAXを契約する前に確認しておくポイント

最近、注目されているWiMAXをご存知ですか?WiMAXとは、無線のモバイルルーターの事です。無線通信というとWi−Fiが有名ですが、同じ機能でありながらも、また違った性能を持っているモバイルルーターです。 Wi−Fiよ […]